『法政文芸』第11号が刊行されました

文芸11号

『法政文芸』第11号が刊行されました。
目次は以下の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

〈巻頭詩〉
 風景  小林坩堝

〈巻頭エッセイ〉
 民主と愛国  温又柔

【創作】
〈小説〉
 マリアへ捧ぐ眼  飯村桃子
 群青の石  北吉良多
 グラヴィティ  武田航希
 あの町、この町  升井梨恵
 さくら  峯岸菜々子
〈掌編セレクション〉
 東京ドールズエクソダス  岡村一慶
 剥片拾い  亀田安土
 夏と月と凍りの夜  瀬崎朱里
 Ha_ru_e  三好裕美

【特集】古典の再創造(リ・クリエイト)
〈インタビュー〉
 ジーパンとセーターに着替えた古典  池澤夏樹
〈エッセイ〉
 それが残っている理由  角田光代
 新訳の意義  金原瑞人
 古典文学と現代語訳  長坂成行
 楽しみながら、疑いながら……  大塚ひかり
 『かげろうの日記』の「私」  藤井由紀子
〈アンケート〉
 時めく古典アンケート
〈学生レビュー〉
 『古事記』/『源氏物語』/『徒然草』/『南総里見八犬伝』

〈点描〉
〈著者紹介〉
〈編集後記〉

Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

Comments are closed.