2016年度オープンキャンパス、全日程が終了

 8月7日、21日、22日に2016年度法政大学オープンキャンパスが行われました。
 各学部・学科ごとの説明会や模擬授業のほか、学生スタッフたちによる企画展示や学生トークショー、キャンパスツアーなどを通して来場者の方に法政大学の魅力をお伝えしました。最終日は台風による悪天候だったのにもかかわらず、今年もたくさんの方にご来場いただきました。
 文学部企画では、各学科説明会の後にスタッフによる学生トークを実施し、学生目線から学科の学びや大学生活についてお話ししました。その他にも展示室では3日間を通して企画展示を行い、学科概要や実際の時間割などを掲載した展示物の設置、スタッフ作成の冊子の配布をしました。日本文学科の模擬授業では、小秋元段先生による『「平家物語」の真実-歴史と物語-』、阿部真弓先生による『「百人一首」は謎だらけ』、尾谷昌則先生による『若者ことばの言語学』が行われました。これらを通して、法政大学日本文学科は個性豊かで魅力的な先生方のもとで幅広い学びができる学科であると改めて感じました。
20160807_OC_2
 大学選びや受験に不安を持った来場者の力になりたいという気持ちで私たち学生スタッフは5月から本番まで準備を進めてきました。文学部は他の学部に比べて学科数が多く準備をする中で大変なこともたくさんありましたが、17人で力を合わせ、本番では多くの来場者の方に文学部の魅力をお伝えできたと思います。
 個人的な話をすると、私は今年度文学部企画のリーダーを務めました。16人のスタッフをまとめながら日本文学科の学生トークや文学部6学科の魅力を伝えるトークショーの準備を進めるのはとても大変でしたが、「とてもわかりやすい説明だった」「法政大学に入学したいと思った」などと嬉しい言葉をたくさんいただき、頑張ってきてよかったなと感じました。私たちスタッフの話を聞く来場者の方々の姿はとても輝いていました。その夢のある姿に私たちスタッフも励まされています。
20160807_OC_1
 法政大学文学部は学生が学んでみたいことや持っている夢を全力で応援してくれる学部だと思います。それは、学生・教授・職員が一丸となって作り上げるオープンキャンパスの活動からも実感することができました。こんなに教授や職員の方々との距離が近い大学・学部・学科はなかなかないのではないでしょうか。
 私は法政大学文学部が、そして法政大学日本文学科が大好きです。その思いや魅力が少しでも来場者の皆さんに伝わっていれば幸いです。

 17人の文学部企画のスタッフと全員で270人のオープンキャンパススタッフを支えてくださった教授・職員の方々、そして当日ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。
(文学部日本文学科3年・呉海千広)


Comments are closed.