『日本文学誌要』第95号が刊行されました

『日本文学誌要』第95号が刊行されました。

img004

目次は次の通りです。

黒田真美子先生の退職を記念して、ゆかりの方に〈 思い出 〉を記していただきました。

 

〈 論文 〉

夏目漱石の中国文学受容 ——南画趣味時代の漢詩を中心として—— 〈上篇〉

( 黒田真美子 )

〈 思い出 〉

中国文学者黒田真美子  ( 川合康三 )

黒田真美子教授のガリ勉文学少女時代  ( 藤井省三 )

黒田さん・夢想する人  ( 髙橋順子 )

わが恩師の「あら、あなた」——黒田真美子先生の思い出  ( 遠藤星希 )

黒田先生の「微言大義」  ( 荒川悠 )

先生との対話  ( 伊藤謙太郎 )

宝物  ( 日比野靖美 )

真・善・美の伊人(かのひと)へ  ( 周重雷 )

黒田先生から学んだもの  ( 細沼祐介 )

黒パン オスプレイ 棗の実  ( 中沢けい )

黒田真美子という人  ( 藤村耕治 )

くろだまみこ あかさたな  ( 加藤昌嘉 )

〈 連載 〉

法政ゆかりの作家たち 野沢一 ( 1 )  ( 中丸宣明 )

〈 学校教育の現場から 〉

南半球で見た自由  ( 宮本愛美 )

完成されない人間の当事者として  ( 加瀬ひとみ )

〈 論文 〉

天正本『太平記』巻二十七「諸卿意見被下論旨事」における漢楚合戦記事をめぐって  ( 李章姫 )

〈鱸庖丁〉成立考——天正狂言本〈うちみ〉からの変容——  ( 木村信太郎 )

戦後メディアから読み解く『夏子の冒険』  ( 鈴木千祥 )

〈 法政大学国文学会彙報 2016年度 〉

〈 法政大学国文学会会則 〉

〈 投稿要項 〉


Leave a Reply