『日本文学誌要』第97号が刊行されました

『日本文学誌要』第97号が刊行されました。

「特集*『火山列島の思想』から五十年 —今、益田勝実を—」と題し、ゆかりの方々にエッセーを執筆していただきました。

また、岡田清子氏・天野紀代子氏による対談も掲載されております。

目次は次の通りです。

巻頭言(編集部)

〈Ⅰ 益田勝実の生涯と仕事〉

益田勝実年譜(天野紀代子・鈴木和仁・今泉隆裕・加藤博之)

追跡と証言——年譜と写真でたどる——(天野紀代子・岡田清子)

 

〈Ⅱ 講演再現〉

「偽悪の伝統」(『火山列島の思想』)をめぐって(益田勝実※講演録)

 

〈Ⅲ 思い出〉

益田勝実先生の思い出(土方洋一)

慕わしい先達(高田祐彦)

《しご》をするということ——益田勝実さんの思い出——(立石伯)

益田先生の声(坂本勝)

 

〈論文〉

〈父〉の行方——中上健次作品における「兄」の影——(鈴木華織)

 

〈卒業論文〉

能〈野宮〉における六条御息所像とその心の変転をめぐって(中川七海)

「蛇性の婬」における『源氏物語』引用の意義(天谷美沙)

「形容詞+かよ」の新しい働きについて(倉紫織)

 

〈連載〉

私の卒業論文(5)(阿部真弓)

 

〈学校教育の現場から〉

新しい職場で考えること——教材研究のあれこれ——(赤在翔子)

 

〈書評〉

黒田眞美子著『韋應物詩論——「悼亡詩」を中心として——』(和田英信)

田中和生著『いま読む!名著 吉本隆明『共同幻想論』を読み直す 震災後の日本で戦争を引きうける』(三輪太郎)

 

〈法政大学国文学会彙報 2017年度〉

〈法政大学国文学会会則〉

〈投稿要項〉


Leave a Reply