第3回、第4回の市ヶ谷オープンキャンパスも無事終了

20110822_OC_006

  今夏最後となる市ヶ谷オープンキャンパスが8月21日、22日に開催されました。両日とも足下の悪い天候ではありましたが、文学部コーナー・日本文学科コーナーには大勢の方にご来場頂きました。ここに感謝申し上げます。
  文学部コーナーでは、6学科がそれぞれの展示を行いました。日本文学科の展示コーナーでは、学生の作品を掲載したゼミ誌と学生編集委員が中心となって企画・編集・発行している『法政文芸』が特に人気で、多くの方が手にとって目を通して下さいました。こういったものは大学案内やホームページ上からは決して閲覧できないものであり、ある意味ではオープンキャンパスの目玉といってもよいかもしれません。日頃の日文生の活動や大学での学びをより具体的にイメージして頂けたものと存じます。
  7日に開かれたオープンキャンパスでは「若者ことばvs.文法」(尾谷昌則准教授)という模擬授業を実施致しましたが、今回は21日に「笑える日本語おもしろ講義」(間宮厚司教授)、22日に「文芸創作の学び方」(中沢けい教授)を実施致しました。講義に熱心に耳を傾ける受験生の姿が見られたのは勿論のことですが、付添をされている保護者の皆様のお顔も真剣そのものであり、その熱心さと緊張感は我々スタッフにも伝わってきました。今回のオープンキャンパスを通じて、我々の教育プログラムと研究設備を少しでもご理解頂けたのであれば幸いです。

20110822_OC_013 20110822_OC_017
20110822_OC_021 20110822_OC_026
20110822_OC_041


Comments are closed.