私学教員適性検査 事前勉強会を開催しました

 8月4日(木)15:00~17:30に、私学教員適性検査事前勉強会を実施しました。東京私立中学高等学校協会に加盟する私立中学・高等学校に専任・非常勤として採用されるためには、毎年8月下旬に実施される本適性検査を受ける必要があります。日本文学科では本年度より、教員志望の学生を支援する様々な取り組みをはじめていますが、今回の事前勉強会もその一環の企画です。

 当日は、学部2年から大学院修士課程2年までの学生7名が参加しました。平成22年度・23年度の国語の問題を事前に予習し、勉強会では解答の確認と傾向と対策について研究しました。なお、講師は小秋元段(日本文学科教授)が務めました。

 私学教員適性検査の問題には一定の傾向が見られます。在学中に基礎学力をしっかり身につけておくべきことはいうまでもありませんが、自らの弱点を早めに知って、それを克服する努力が必要です。4年生になってはじめて対策を立てても手遅れでしょう。当日参加した学生はそのことが十分理解できたようです。また、教員志望の学生は、これからも学科で催す行事に積極的に参加し、視野を広げるようにしてください。




Comments are closed.