日本文学専攻について

日本文学専攻の理念

日本文学専攻は、日本の文学・言語・芸能の歴史と現状についての先鋭で多様な研究を進め、その成果を生かして、学術の継承・発展に貢献できる研究者を養成するとともに、知識基盤社会のなかで専門的能力を生かして活躍できる人材を育成することをめざします。また、積極的に留学生を受け入れ、日本の文学・言語、あるいは文化全般への理解を深める教育を実施し、そこで得た知識や研究成果を世界に広く発信できる人材を育成することに努めます。そして、これらの営為を通じて、千数百年にわたって培われてきた日本語と日本文化の豊かな遺産を世界と次世代へと受け継いでゆくことを理念・目的としています。

日本文学専攻の特色

日本文学専攻では、古代から現代まで、各時代の文学、言語、芸能に関する科目を中心に、文芸批評、中国文学、沖縄文学、国語教育等の関連科目を幅広く配置し、広い視野を持って自己の専門を深められるカリキュラムを用意しています。また、「能楽研究者育成プログラム」と「文芸創作研究プログラム」の2プログラムを設置し、能楽研究と文芸創作に特化したコースを設けています。加えて、人文科学専攻内に設置されている国際日本学インスティテュートとの合同科目が多いのも日本文学専攻の特色です。インスティテュートに学ぶ多くの留学生たちとともに研究することにより、より国際的な視野をもって日本文学・日本語学について考究することができます。


Leave a Reply