国立劇場キャンパスメンバーズ9・10月

9月以降の国立劇場の公演は充実しています。

まず、まもなく文楽公演が始まります(9月5日〜21日)。第一部では「面売り」「鎌倉三代記」「伊勢音頭恋寝刃」、第二部は「妹背山婦女庭訓」です。

10月には歌舞伎公演があります(3〜27日)。狂言は「伊勢音頭恋寝刃」ですから、文楽と併せて観に行けば、楽しみの膨らみますし、勉強にもなるはずです。歌舞伎のチケットを買った人には先着で無料事前講座もあります(10月4日・12日)。

能楽は「演出の様々な形」と題して、三ヶ月通して三流派の能「松風」と狂言「鎌腹」が上演されます。同じ演目を複数回見ることで、能や狂言の面白さを発見できるかもしれません。

文楽はチケット発売中。歌舞伎・能楽はまくなく発売。売り切れる公演もありますから、お早めに。

ただいまサイトの不具合で、データがアップできません。9・10月の予定は80年館8階日本文学科専攻室に貼ってあります。


Comments are closed.