『日本文学誌要』第99号が刊行されました

『日本文学誌要』第99号が刊行されました。

目次は次の通りです。

『日本文学誌要』第99号

〈講演〉

噂話と真相        千野明日香

〈随想〉

千野明日香先生との思い出   阿部真弓

〈論文〉

宮沢賢治の主体認識と同時代との連関——言葉による〈世界〉の再構築——

                               村山龍

〈卒業論文〉

『椿説弓張月』における為朝の側近的存在の人物造形     川瀬亜子

〈研究ノート〉

はたして禅竹作か         日暮聖

〈学校教育の現場から〉

読書指導はどうあるべきか——学習指導要領改訂と実践紹介——  鈴木健吾

実践報告:高等学校における朝読書の導入までの取り組み   山田千江


Comments are closed.